税理士法人ブライト相続(東京目黒)
JR「目黒駅」から徒歩1分
03-4530-3104
受付時間は平日9:00〜18:00
Webで相談予約
Webなら24時間365日受付中
JR「目黒駅」から徒歩1分
税理士法人ブライト相続TOP  >  よくある質問

よくある質問

相続税申告をしなければいけない人は誰ですか?
相続財産が相続税の基礎控除額以上の方は相続税申告が必要になります。
基礎控除額は、3,000万+(600万×相続人の数)です。

相続税がいくらかかるか簡単に計算してわかる方法

相続税申告はいつまでにしないといけないのですか?
相続の開始を知った日から10ヶ月以内です。
相続の開始を知った日は通常、死亡日になります。この日までに相続税申告書を税務署に提出し、相続税の納税を済ませる必要があります。

相続税の申告期限と納付期限

相続税申告の期限を過ぎるとどうなるのですか?
期限後申告書を作成して申告することになります。
その場合、税金総額に対して5%の無申告加算税が発生します。加えて、納付遅延に対して延滞税がかかります。

申告期限を過ぎた場合の罰則

誰が相続するのか申告期限までに決まらなそうです。どうしたら良いでしょうか?
法定相続人の割合で申告を済ませ、遺産分割協議書ができたら修正申告を行うことで対処可能です。

申告期限を過ぎそうな場合の対応方法

相続税申告を税理士に依頼するメリットはなんですか?
時間・体力・心に余裕ができる、土地の評価を下げられる可能性がある、税務調査の可能性を下げられる、不動産の名義変更などまとめて依頼できるなどがメリットと言えるでしょう。

相続税申告を税理士に依頼するメリット

相続税申告を税理士に依頼するデメリットはなんですか?
税理士報酬がかかる、税理士を探さなければいけないなどがデメリットと言えるでしょう。

相続税申告を税理士に依頼するデメリット

税理士に依頼すべきか自分で申告すべきか悩んでいます。どんな人が税理士に依頼した方が良いですか?
自分で最後までやれる自信がない、遺産総額が大きい、土地や自社株がある、一次相続であるといった方は税理士に依頼するメリットが大きく、依頼すべきと言えるでしょう。

相続税の申告を税理士に依頼した方が良いケース

相続税に強い税理士とはどんな税理士ですか?
相続税専門の税理士法人に所属しており、担当する税理士の申告実績が重要です。

相続税に強い税理士とは?相続税に強い税理士の選び方

他の相続人の同意なしにご依頼できますか?
相続税の申告が相続人全員が共同して申告しなければいけないという決まりがないため、税理士への依頼契約に相続人全員の署名・捺印がなくとも契約が可能です。
なお、遺産分割について揉めている又は揉める可能性がある場合で、各相続人同士が顔を合さなくても済むように、相続税申告作業を進めることができます(オプション料金がかかります。)。

遺産分割で揉めている場合の相続税の申告の対処法

生前贈与を受けていたのですが気をつけなければいけないことは何ですか?
生前贈与加算をすべきか、そもそも贈与が成立しているか(名義預金、貸付金に該当しないか)などに気をつける必要があります。
親族間の資金移動がある場合は税務調査の対象となる可能性も高いので、しっかりと対応することをおすすめします。

生前贈与と相続税申告の関係

遠方なのですが御社にご依頼できますか?
ご依頼いただけます。
対面で面談いただかなくても、電話とメールのやり取りだけで相続税申告を完了できますのでご安心ください。

電話またはzoomを利用した面談方法

相続税申告はお任せ下さい

税理士法人ブライト相続では、申告実績300件以上の相続税専門の税理士が、お客様一人ひとりのご相談に親身にお応えいたします。
豊富な実務経験とノウハウにより、スムーズかつ無駄のない手続きで、高品質で低価格な相続税申告をご提供します。
相続税申告の初回面談は無料となっていますので、お気軽にお問い合わせください。